シングルマザーでも楽しくお出掛け出来るよ! Roroの「娘とお散歩」日記★

シングルマザーでも楽しく外出したり、旅行、レジャーを楽しんじゃおう!! 一人娘と一緒に色んな所に出掛けたレポートを1つ1つ綴っていきます。同じ様にシングルマザーで頑張るどなかたのお出掛けの参考にして頂ければ幸いです^^

存分に電車を楽しめる!! 意外な穴場的オススメスポット! in秋葉原

電車が好きな小さい子は多いと思います。

 

ですが基本的に電車は外!

夏は炎天下、冬は極寒です><

 

 

そして電車は間隔を開けて走るものですからね。

通過は一瞬ですが、電車が来るまでの間の待ち時間は永遠。。。。orz

 

 

お子さんが小さければ小さい程、この「電車を眺めるレジャー」の難易度は上がってしまうのではないでしょうか><

 

 

 

そんな悩ましい状況を打破してくれる穴場スポットが実は存在します^^

 

そこは子供の味方!! のマクドナルド!

 

JR秋葉原駅徒歩3分。

マクドナルド秋葉原駅前店です。

秋葉原駅前店 | 店舗検索 | お店をさがす | McDonald's

 

駅から近く、利便性も抜群。

店内は1階がレジ。

2階がイートインスペースとなっていますので、階段を登ることを覚悟して下さいね。

 

ただ、その2階の窓側カウンタースペースが電車大好きっ子にとってかなりの特等席なのです!!

 

じゃん!!!

f:id:Roro1:20171209161106j:plain

 

 

ぴたりと線路に張り付いたこのカウンタースペースは全部で10席程でしょうか。

ご飯を食べながらゆっくりと電車を存分に眺める事が出来ます。

在来線の京浜東北線埼京線は勿論、

新幹線も手前の線路をひっきりなしに往来します。

私が行った際はMaxトキだったかな??

電車に詳しくなくてあまり説明出来ないのが申し訳ないですが、

E3系、E7系など様々な新幹線が往来しますよ^^

 

見ていて飽きないカウンター席です。

 

 

ただ、この席はご想像の通り、とても混み合います。

「小さい子を優先して下さい」

などの案内もありますが、大きなお子さん(笑)も散見します。

電車を見たい気持ちはみんな一緒。

譲り合う気持ちが大切じゃないかと思います。

 

私は日曜日のお昼時に伺いましたが、飛び石でカウンター席が数個空いている程度でした。

平日の日中なら間違いなく座れるでしょう。

ただ、秋葉原はイベントが盛り沢山な地でもありますので、

イベント毎などの日は避ける方が無難です。

 

 

あと、カウンター席は背もたれのない丸イスですので、

寄りかかれないと座れないお子さんは不向き。

カウンター席には荷物を置く場所もあまりないので、

最小限の荷物でお出掛けをする事をオススメします♪

 

お出掛けの際は存分に楽しんでくださいね☆

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

入間航空祭に行って来た!!!

レポートが遅くなりましたが、入間航空祭へ行って来ました♪

航空自衛隊入間基地

今回は小6の娘だけでなく、3歳の甥っ子家族も引き連れて!

 

 

男の子特有のはねっかえりで、全然おとなしくしていない甥っ子くん。

この日も大勢で電車でお出掛けにテンションMAX!!!

勢いが止まりませんでした・笑。

 

兄夫婦は甥っ子くんの動きの多さにゲンナリの様子でしたが、普段は車移動が多い分、公共機関に慣れていないんだよね。

動きの多い子が公共機関を使うと周囲に迷惑もかかるし親も凄く大変だけど、でもそういうのは迷惑をかけたり謝ったり、親が大変な想いをしているのを見たりする事で覚えていくものだと思うので、

「大変だから車で移動」

ばかりじゃなくて、ぜひ色々な乗り物に乗せてあげて欲しいなって思います^^

 

今回は私と娘が頑張って甥っ子くんの面倒をみました☆

大人の数が多いと、チビ連れでもそこまで大変じゃないよね♪

 

 

 

そんなこんなで入間航空基地へ!

 

入間航空祭の日の入間航空基地は有り得ない程の人だかりになります。

「すげー人だな。。。」

と電車の中で兄が一言。

 

f:id:Roro1:20171109112801j:plain

↑飛行場に向かう踏み切り前・・・。

 

 

うん、言ったよね?

 

レポート日記も見せて事前準備を再三に渡って言っていたのに、イマイチどれも信じてなかったような兄・笑。

経験者の言う事はちゃんと聞きましょう。

 

 

 

私達は12時頃に入間基地へ到着し、そのまま真っ直ぐ飛行場へ向かいました。

ベビーカー連れと言う事で他の展示などは見ないと言う選択肢を取りましたが、これはかなり正解だと思われます。

 

なぜなら航空基地内は雑多な人で大混雑!

特に飛行場へ行く道はベビーカーを引く方が危険な程に人で溢れていたからです。

 

兄夫婦は頑なにベビーカーを使用していましたし、他にも時折ベビーカー連れを見掛けましたが、個人的な感想としましては、ベビーカーは危険ですので避けた方が無難かと思われます。

 

f:id:Roro1:20171109111214j:plain

ちなみに飛行場はこれ位の人が集まります。

 

そして何よりディズニーランドのように常日頃混雑状態に慣れた場所ではい為、誘導もあまりなく個人の判断が大きく左右します。

中に入りたい人と外に出たい人が同じ列で押し合いしていたり、そのせいで流れが止まっていても誘導は全くなかったりしますので、危険を避ける意味でも出来れば小さい子は抱っこしてあげるなどの方が無難かと思われます。

(親は大変ですけどね><)

 

 

 

さぁそんなこんなで初心者2人がぜぇぜぇ息を切らしてやっと辿り着いた飛行場内。

時刻はすでに12時半近く。

座って場所取りをしている人も多く見受けられました。

 

 

兄夫婦はもう座る場所がない事に呆然としていましたが、そこは私達の出番。

「とりあえずそこで待ってて。電波ないからそこから動かないように! 」

と言い残して娘と駆け出しました。

 

 

余談ですがドコモなんかの基地局が臨時で出動してくれていますが、それにしても電波状況はかなり悪いです。

スマホはあまりアテにしない方が無難です。

 

 

私達が駆け出した先は飛行場後ろの倉庫の影になっている部分。

特等席で見たいなどの人は頑張って前を陣取る必要がありますし、そちらの方が迫力もあるのでしょうが、ぶっちゃけ最前列かかなり前の方でないのなら、思い切って一番後ろを探した方が良いです。

 

なぜならだだっ広い飛行場!

ひなたはかなり暑いんです><

しかも辛いのは、身動きが取れない事。

 

出たくても前にも後ろにも人がひしめきあっていて動けないし、ブルーインパルスが終わってもしばらくそこから動けなくなります。

過去、1時間~2時間ほどそこで座り続けた経験があります・・・orz

 

その点日陰は出入り口にも近い為、数十分で飛行場を出ることが出来ます。

しかも航空祭なので、メインは空!

別に前の方を陣取らなくても十分に見る事が出来るんですよ^^

 

 

そんなわけで日陰をぐるりと見て周り、5人分が座れそうな場所を無事確保!

娘をそこに一旦残し、兄家族を迎えに行きました♪

良い場所取れた♪

 

 

開始までご飯を食べつつ待ちました♪

ちなみに屋台も混んでますしあの人混みで色々動くのはしんどいので、私はいつもコンビニで軽食を買っておきます。

(兄家族は駅弁買ってました・笑)

食料と飲物は持参しておくのがベストです。

 

f:id:Roro1:20171109113826j:plain

 

f:id:Roro1:20171109113954j:plain

 

f:id:Roro1:20171109114008j:plain

 

ブルーインパルスは今年も絶好調でした^^

雲も少なく青空もとても澄んでいて、レタリングもキレーに見えましたし、風がなかったのでハートもきちんと描けていましたよ☆

 

 

私と娘は毎年毎年見ていますが、やっぱり心躍るものがありますね!

兄夫婦も「すごい!!! 」と感動してくれました^^

甥っ子くんは弱冠騒音に恐怖を覚えたみたいで怖がっていましたが・苦笑。

 

でもいつか甥っ子くんにも見せてあげたいなって思っていたので、今回念願が叶ってかなり嬉しかったです。

 

 

ブルーインパルスが終了と同時に飛行場を退出して40分位でしょうか。

片付けなどは早めに済ませてとにかく飛行場から出ることをオススメします。

なぜならそこでまごまごしていると人の波が凄すぎて出れなくなりますよ><

前の方で見るつもりの方はもう数時間そこにとどめられる事を覚悟した方がいいかと思われます。

 

そんなこんなで人ごみとの格闘でもある入間航空祭

今年も無事に楽しい思い出が出来ました♪

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

しらこばと水上公園

公式 - しらこばと水上公園-さいたまの公園

 

言わずもがな、埼玉県営のプール施設です。

流水プール(流れるプール)、

さざなみプール(波のプール)、

スライダー、

水深2メートルのもぐりプール、

などなど!

 

沢山のプールが楽しめる上に、

県営なので料金がリーズナブル!

大人720円、

小中学生210円!

 

直接窓口でも購入できますが割りと並んでいるので、

事前にコンビニでチケットを購入しておくとスムーズです。

(ファミマで発券すればTポイントも貯まりますよ^^ )

炎天下の中、長蛇の列に並ぶほど辛いものはないからね><

 

アクセスとしては夏場は北越谷から臨時バスが動きます。

定期運行便でも行く事は可能です。

詳しくはご確認下さい♪

アクセス - しらこばと水上公園-さいたまの公園

 

我が家はいつも車で行っています。

しらこばとの専用駐車場1900台停められるそうなのですが、

ぶっちゃけすぐに満車になります。

平日でも9時台にはすでに満車。

この辺はHPに随時UPされるのでチェックしてみてもいいかもしれません。

駐車場は普通車820円(大人の入園料よりこっちのが高い><)ですが、

その駐車場の道々に民間の駐車場が呼び込みをかけています。

2,000円だったかな??

専用駐車場に比べるとかなり高いですが、

一旦一番奥の専用駐車場に行って満車を確認して戻ってくると、

今度はこの民間の駐車場もプールから近いものから埋まってしまいます。

そんなこんなで結局遠くの駐車場に停めるハメになるので、

潔さはある程度必要かもしれません。

 

 

さぁ。

入場したらスペースの確保。

ぶっちゃけてテントが多いです。

ってかほぼほぼがテント。

どこを見てもテントだらけ・笑。

 

f:id:Roro1:20170807095456j:plain

テントを持参しなくても、

「リゾートエリア」と言う日陰で涼しい上にテーブルとイスが用意されているスペースも存在します。

プールから近いと3,100円。

「テントなんて持ってけないよ>< 」

て人は利用してもいいかもしれません。

が、これもいつも満席になるので(こんなに高いのに! )確保したければ早めにどうぞ。

我が家はいつもテント持参なのでこちらのレポートが出来ません。。。orz

 

 

さて。

やっとこさ場所も確保出来たら今度はプール!

プールの規模は申し分なし!

です。

 

マップで見るとこんな感じ。

f:id:Roro1:20170807100045p:plain

 

流水プールは1周15分位でしょうか。

ショートカットコースと大回りコースがあり、

ぷかぷか浮いているだけで非常に気持ち良いです★

横に広がっている部分は柵がついていて、

浅瀬になっています。

小さな子はそこで浮き輪とかを使って遊んでいる光景がよく見られます。

 

幼児プールには幼児用の小さなスライダーもあります。

 

個人的に1箇所だけ難点を上げるとすれば、

さざなみプールの波がしょぼいと思っています・苦笑。

幼児向けだと思えばそれもまた良いのでしょうが、

小学生にはちょっと物足りないかもしれません。

 

 

スライダーは高さの違う3台。

f:id:Roro1:20170807100441j:plain

昔ながらのスライダーですね。

あっちにクネクネこっちにクネクネはしていないので、

あんまり長くないのですが・・・笑。

速さを競うのが面白いみたいです。

特に小学生男児がこぞって速さを競ってたりなんかするのがよく目撃されます・笑。

 

 

我が子が一番好きなのがもぐりプール!

ちょっと見掛けないプールですよね。

水深が2メートルある15メートル四方のプールです。

定員30名/10分。

泳力テストがあり、

平泳ぎかクロールで15メートル安定して泳ぐ事が出来る子が利用出来ます。

100%足がつかないプールなので、ちょっと厳格。

ライフセーバーさんも4名待機しています。

が、唯一飛込みが容認されているプールでもあります。

 

f:id:Roro1:20170808151320j:plain

 

底まで潜る事自体が大変なこのプールで、

思い切り飛び込むのが娘は大好きの様子。

必ず「やりたい」と言います。

 

が、30人定員制で10分。

人の流れが悪いのは言うまでもありません。

30分~60分程度は待つ覚悟も必要です。

個人的にはこの水深の希少性を思えばそこまで待つ価値があるかなと思いますが、

その辺はご家族、お友達同士でご相談下さいね^^

 

午後になると(混んでる日は午前中からもだけど)混雑もピーク! ↓

f:id:Roro1:20170807105217j:plain

 ですが利用価値は十分にあります!

親子で1,000円もしない入園料!

丸1日目一杯遊べるレジャー施設!!

子供満足度も高く、

我が家は毎年必ず行っています!

 

お近くの方はぜひ一度いってみて下さいね^^

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

足立花火大会2017

7月22日、足立花火大会に行って参りました!

12000発の花火が夜空を彩る、

東京で最も早い開催の花火大会です^^

 

f:id:Roro1:20170724114639j:plain

 

この足立花火大会、

東日本大震災後に毎年木曜日開催だったものが土曜日開催に変更され、

かつてない程の人混みになってしまいました><

 

有料席や屋形船など、

マネーを払えば絶景を楽しめますが、

花火大会の醍醐味はそんなお上品なゲットの仕方で満足できるもんじゃないですよね!!!!

と言う言い訳で、我が家はいつも自力でスペースを確保します・笑。

 

 

荒川の土手で開催される足立花火大会は、

打ち上げ場所側である北千住側と、

対岸で真正面で見れる西新井側に分かれます。

本会場である北千住側の混雑はもう非常事態レベル!

なので、我が家はいつも西新井側にて観覧。

 

北千住側でも虹の広場など打ち上げ場所から遠い箇所での観覧なら比較的空いているらしいですよ。

f:id:Roro1:20170724113732p:plain

でも上記は「虹の広場」ですが、打ちあがる花火は左側の大きなビルのちょっと先。

かなり遠いですよね。。。。

しかもこの位置。

花火を真横から見る事になってしまうんですよね。

学生時代に一度だけこちらから見ましたが、

やっぱりなんだかんだで西新井側かなと思ったのを覚えています。

 

って事で、我が家のベストスポットは西新井側。

当たり前ですがこの本会場の真正面(荒川西新井橋緑地近辺)はやっぱり人気スポットで激混みなので、

(火の粉なんかが飛んでくるらしいのでスリルもあります! 見に行く人は気をつけてね! )

我が家はいつもココ。

f:id:Roro1:20170724114239p:plain

西新井橋緑地河川敷グラウンド辺りで観覧します。

やや斜めよりですが、

虹の広場より真横感はないし、

本会場や荒川西新井橋緑地ら辺程の混雑もありません。

 

 

とは言え、動員数60万人(2016年度)なので、

人はごった返していますけどね><

 

とりあえずここなら19時に到着すれば人のスキマを縫ってシートを並べる位出来ます。

我が家は毎年3人位で連れ立って行きますが、

19時頃到着して、キツキツですがレジャーシートに3人座れるスペースは確保出来ています。

フードコートで席取りが苦手な人や、

もっと大人数で行きたい人は18時頃には着いている方がいいかもしれません。

ゆったり座ってらっしゃる方にお話を伺ったら、

「16時頃に来た」

と言っていましたので、

宴会や大きなシートで寝そべってみたい人はそれ位が無難かもしれません。

 

そんなこんなな花火大会事情。

荒川土手に一番近い最寄り駅は「小菅」ですが、

花火大会の会場からはやや離れているので、

その1つ先の五反野で降りて会場に向かう方が結局近いです。

 

五反野から降りるとすぐ色んなお店がここぞとばかりに外に品物を並べて売っています。

屋台みたいなものでもなく、

単に店の前に机置いて品物並べてるだけ・笑。

 

土手近くになっていくと屋台も沢山出店し始めますが、

ぶっちゃけそっちまで行ってしまうと長蛇の列に並ぶ必要が生じます!

屋台からしか買いたくない!!!

ってこだわり派を除いて、

駅近辺の出店(風)コンビニや出店(風)飲食店で買うのがベストです。

セブンやオリジン、中華屋、焼き鳥屋、カフェ、

この辺一体出店(風)だらけになります・笑。

 

あ、後土手に向かうまで、

トイレらしいトイレは皆無です。

ぜひ駅のトイレを利用しましょう。

土手にも仮設トイレは設置してありますが、

あまり綺麗ではない上に、

これまた長蛇の列ですので。。。。

 

 

花火は19時半から1時間!

12000発を1時間で打ちつくすので、

かなりの数が胸に響きます^^

 

終盤の乱れ撃ちはかなり迫力があり、

楽しいですよ♪

 

 

帰りは一斉に皆さんが動きますから、

あまり急がずゆったりした気持ちで足並みを揃えた方が無難。

 

自転車で土手まで来る人も多数いますが、

なんせ60万人動員規模の花火大会。

帰りは自転車を出すまでに相当待たされる覚悟が必要です><

 

どうしても早く帰りたい人は、

最後のフィナーレの時に帰路に向いた方が無難です。

 

そんなこんなな足立花火大会2017!

今年も楽しい思い出になりました^^

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

奥多摩クルーソーラフティング

日曜参観の振替休日、

2017年7月10日に「ラフティング」に行ってきました♪

 

独身の頃からずっとラフティングに行きたいなって思っていたんですが、

なかなかきっかけがなくて行けなかったんだよね><

 

我が家には車もないし、

なんとなくアウトドアなレジャーは難しいんじゃないか。。。

と手が出ずにいました。

 

 

ところがッ!

軽く検索をかけてみると、

なんと都内でラフティングが出来る施設があると言うじゃないですか!

しかも青梅線日向和田駅下車徒歩5分!!

これは嬉しい!!!

 

そんなわけで予約した先は・・・、

奥多摩クルーソーラフティング」

https://crusoe-raft.com/

通常プラン6,000円~、

学生5,500円~、

となっていますが、

親子で楽しむなら親子プラン、

11,000円~と言うのが存在します。

私達は親子プランで予約しました^^

 

 

さて。

結局友達親子を誘い、

合計4名になったのでレンタカーで行く事にした私達。

道路状況が掴めなかったので少し早めに出発した所、

なんと2時間前に到着!! 笑。

早過ぎでしょ!

って事で、先に軽く腹ごしらえする事にしました。

(後で奥多摩クルーソーラフティングに行ったらクッキーやプリン、パウンドケーキのような軽く摘めるカフェが中にありましたので、最悪食べずに伺っても大丈夫だと思います)

 

こちらもグッドチョイスな事に、

隣は十割蕎麦屋さん。

食べ物屋さんを捜し歩く必要もなくとても便利な立地です^^

f:id:Roro1:20170713115108j:plain

 頂いたおろし蕎麦。

煮物が先にお通しでついてきて、

(お酒は飲んでませんよ・笑)

そば粉のパウンドケーキもお土産に頂き、

アットホームで優しい感じのお店でした。

 

 

あ、でも私達は11時頃にガラガラの状態で入ったので余裕でご飯を食べる時間がありましたが、

後で奥多摩クルーソーラフティングの人に伺った所、

「あそこはお蕎麦が出てくるまでに少し時間がかかるお店」

なんだそうで・・・。

たまに、

「すみません、間に合いません>< 今隣のお蕎麦屋さんにいるんですけどまだ出てこなくて」

と遅刻の電話がかかってくるそうです・笑。

ラフティングと一緒にお蕎麦も楽しみたい場合は、

時間に余裕を持って伺ってくださいね^^

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

そんなこんなで12時少し過ぎに奥多摩クルーソーラフティングに到着。

午後の部の予約だったので1時間以上まだ時間がありました。

 

車の中は暑いし、

中で待たせて貰えたらいいな・・・★

 

という気持ちだったのですが、

あれよあれよと言う間に出発準備が始まりました!!

 

え?

ええ??

 

 

聞けばなんとハイシーズン少し前の平日という事もあり、

1ボートを私達で貸切との事!

そんな関係で

「全員揃ってるから少し早めに出ちゃいましょうか」

と言う事にしてくれたみたい!!

 

どんだけ優しいの><★

待ち時間覚悟で行った矢先の嬉しいハプニングでした。

 

 

 

ちなみに真夏はウェットスーツを着ない人も多いみたいです。

今回もかなり気温は高く、

相方親子はジャケットだけ羽織るに留まりました。

私達親子は一応念の為上下一式借用。

私が予約したのはVELTRA(ベルトラ)と言うオプショナルツアーを専門に集めたサイトだったのですが、

そこには「小学生用のウェットスーツはありません」と注記がありました。

f:id:Roro1:20170712165053p:plain

ですがフツーにありました・笑。

娘達がもう高学年で大人と変わらない位大きいからなのかな??

事前に一応確認される事をオススメします。

 

 

ウェットスーツを着用し、

準備が整ったら送迎バスに乗ってスタート地点へ向かいます♪

いざラフティング、スタート!!!

 

この日の気温は32度!!

それなのに多摩川の水はひんやりしていました^^

すっごく気持ち良い♪

 

f:id:Roro1:20170713115825j:plain

 

しばらくはガイドさんに従って川を下り、

パドルを漕ぎ、

山を眺め、

川の水の冷たさと戯れました。

 

しばらくすると、ガイドさんに

「落っこちてみる?? 」

と・・・。

 

え?

 

ラフティングなので、川で泳ぐような事態はないかと思っていたのですが、

「落っこちる」

と言う名目で川でドボン出来ちゃうみたい・笑。

 

f:id:Roro1:20170713120102j:plain

 

多摩川の水はとっても冷たく、

ほてった身体には心地よかったです♪

私達はウェットスーツを着ていてもひんやりしていたので、

さぞかし相方親子は寒いだろうと思っていたのですが、

暑がりなのか、

「全然平気だったよー」

とのこと・笑。

個人差ってやつですね。

 

でも川は遠浅の海と違い、

いきなり大人の足でもつかなくなってしまう位深くなります。

ライフジャケットを着ているので黙っていても浮きますし、

それが逆に漂う感じが出来て面白いのですが、

流される時は気をつけましょうね。

ガイドさんがしっかりその辺を見極めてくれるので大丈夫だとは思いますが。。。

心配性なあたしでした。

 

 

浅くなって岩がゴツゴツしてくるような場所はボートに乗って流れ、

深くて泳げそうな所では「落っこち」させて頂きました・笑。

子供も大人もきゃぁきゃぁはしゃぎ回り、

めっちゃテンションが上がりました!!

 

f:id:Roro1:20170713120346j:plain

 

 

上がった所で、

「とっておきだよー!!! 」

と教えてくれたのが、

天然のブランコ!!!

 

木の根がブランコ状になっており、

大人も子供もブランコを楽しむ事が出来ます。

f:id:Roro1:20170713120549j:plain

 

 

更に更に、

「飛び降りてみるー?? 」

と断崖絶壁! 笑。

 

f:id:Roro1:20170713120634j:plain

 

子供達は2メートルから、

大人達は4メートルの高さから飛び降りました。

6メートルもあるみたいでしたが、

・・・無理ですね・苦笑。

擦れ違った他ボートのお姉さん2人はどちらも6メートルからドボンしてました。

すげぇぇぇぇ!!!!

4メートルでも結構怖かったよ・笑。

 

 

そんなこんなで

「ハイシーズンではまず無理ですね」

とガイドさんもおっしゃっていたスペシャルなサービスを堪能させて頂きました♪

また、擦れ違うボートもほとんどなく、

ラフティング中に見かけたボートは2船程でしたが、

ハイシーズンは至る所にボートが見え、

混雑してしまうんだそうです><

まぁ、仕方ない事ですね。

何度も言いますけど、

出来ればハイシーズンを少しずらすのがオススメです^^

 

 結果的にたーっくさん遊び尽くし!

1時間程早く出発したにも関わらず、

到着は通常の予定通りと相成りました。

 

それだけ「楽しませてあげたい」と言う想いの詰まったサービスに、

親子4人大・大・大満足です^^

 

 

ちなみに写真は全部ガイドさんがサービスで撮ってくれ、

無料で提供してくれます^^

水系のレジャーは想い出の写真が少ない・・・><

と心配する事もないのがこのラフティングツアーの良さじゃないでしょうか♪

 

 

そんな奥多摩クルーソーラフティング。

我が家は前述もしましたが、

VELTRA(ベルトラ)で予約しました。

 

 

予約申込でポイントが貯まり、

次回の別アクティビティで使用出来ます^^

 

また、

私はVELTRA(ベルトラ)へはポイントタウンを経由していきました。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

↑こちらに登録した後、

このサイト内からVELTRA(ベルトラ)を探してそのサイトに行く事で、

 更にポイントタウンのポイントも貯まります♪

 

親子で大満足だったラフティングツアー!

夏に向けて子供のレジャーは賢く行きましょう!!!

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

親子三代富士登山・③ ~登頂~

さて。
出発時刻午前2時。

眠い目をこすりながら・・・
となるかと思いきや、
思いのほかすんなり起きられる。
というよりやっぱり「リラックスして熟睡」はムリ。
まどろむ程度でした。


出発時はヘッドライトの装着率100%でした。
「ヘッドライトぉ? いらなくない? 」
と思っていたのは私。
母が
「ひとまず用意だけしようよ」
と言うので渋々ネットで購入したのですが、
これも大正解。

本気で真っ暗!
そして装着していない人皆無!

だったら「絶対必須! 」位書いといてくれた方が良かった・笑。
用意しといてヨカッタ。
一歩間違えばえらいことでした><



そんなわけでまだまだ星空が広がる中をテクテク歩きます。
この辺は全然ヨユー。

仲良く談笑したり、
休憩で見上げる星空が凄くキレーで癒されました。
昨夜の星空観察は曇ってしまっていましたが、
この頃には雲はなくなっていてよく見えました。

満天の星空に天の川!
そしてこれでもか!!!
って位に流れる流れ星。

本当にキレーです。
私、流れ星を見たのはきっと生まれて初めてだと思います。
感動でした。

気温も風が冷たくて気持ちよい程度。
クーラーで言うと24度設定位ですかね・笑。
暑がりな私は半そででも余裕でしたが、
パーカー一枚羽織ると丁度良い程度でした。


テクテク登ります。
ひたすらテクテク。
この辺は多少坂がきつくなってくる場面もありましたが、
それでもまだ元気があります。
「早く休憩にならないかな」
とは頻繁に思うようにはなりましたが・苦笑。


そんな中でしたが、
うっすらと明るくなってくる日の出の様子もとてもキレーでした。
七合目の途中です。

f:id:Roro1:20170719161920j:plain

 

f:id:Roro1:20170719161953j:plain

 


私は雲海が見事に広がっているのがとても感動で、
なんだか飛び込みたくなってしまうほどに優しい感じでした。

f:id:Roro1:20170719161755j:plain

まぁ、本当に飛び込んだらエライことになってしまいますが・笑。


とにもかくにも夜から夜明けまでのこの時間帯が一番楽しく、素敵な時間でした。
景色も素晴らしかった!




そして。
本当にしんどい思いをするのはココカラです。

「大体8時間位かけて登頂を目指します」
と出発の時点で言われていましたが、
一体誰が信じると思いますか?!

本気で8時間登り坂を登り続けるの?!
にわかに信じがたい><

でもそれが現実です。
というより「富士山」の厳しさはそれ位凄いんだって事を痛感します。


坂が段々厳しくなり、道じゃなくて「壁」になっていきます。
歩きにくく、段差が多く、
かと思いきや、
歩いても歩いても七合目から抜けられない。

七合目八合目は山小屋が沢山あるのですが、
山小屋に辿り着く度に
「八合目になったかな?! 」
と看板を探しては絶望的な気分になりました・苦笑。



そして私の疲労度に比例して、
娘のしんどさが増してくる。

いくら頑張っても七合目から抜けられない。
しかも
「頑張れ! 後4時間位登り続ければつくから」
的な発言。

ただでさえ苦しいのに、これを後4時間も続けるの?!
何より心が挫けるのはこういう時です。


娘も最初は必死な顔で頑張っていましたが、
段々その途方もなさに絶望でいっぱいになってくる。

必死に必死に登ってもまだまだ先は見えない。
遥か上方に見える頂上っぽい所が何合目か聞くと、
「あそこで八合目かな」
なんて答えが帰ってくる。

あとどれ位で着くかと問えば、
数分でも数十分でもない、数時間!

無理!!!
娘はメソメソ泣き出しました。


「もう無理>< 」
「じゃぁリタイヤする? 」
「・・・それもイヤ」
ヲイ!

このやり取り、何十回と繰り返しました・苦笑。


幸い、母も私も娘も高山病の症状は現れませんでしたので、
気持ちが追いついていれば登ることが出来ます。
その為に六合目の山小屋から必死に深呼吸するように気をつけていましたし、
気持ち悪かったり頭痛い状態で過酷な登り坂を絶対に登りたくなかったので細心の注意を払っていました。
特に私は偏頭痛持ちで、低気圧などになると頭痛が酷くなるタイプなので殊更注意をしておりました。



それでもエンドレスな登り坂に、
ますます心折れる娘。

昨夜お友達になった女の子に
「頑張ろう、あとちょっとだよ」
なんて声をかけて貰いながら、
メソメソ泣きながら登り続けます・苦笑。


けれど八合目も中腹になってくると、
本当にもう限界値を超えているのが目に見える娘。
「もうやだ・・・」
とメソメソ。

さすがに
「リタイヤする? 」
と聞くと半ば頷きかけます。

「せめて九合目までは頑張ろうよ」
みたいな話をしても、
「そこまで行くのに何時間もかかるじゃん! 」
とメソメソ。

こりゃだめかなぁ。。。

と思い始めていた私。
が、娘もやはりここまで登ったプライドがあるのか、
「降りたい」
とだけははっきり明言しない。

「どうするの? 」
と聞いても、
「うーん・・・」

そんなやり取りをいくらかした後、
山岳ガイドさんが見兼ねて、
「頭痛くない? 気持ちも悪くない? 」
と確認の後、
「じゃぁ、登ろう! 」
と励ましてくれました。


娘は物凄く嫌そうでしたが・笑。
それでも周囲が頑張れムードになっていくのを、
「絶ッ対イヤ! 」
と強く拒否することも出来ず、
しぶしぶ登り始める。


が、やはり足が痛い。
リュックが重い。
引きずるようにして登りながら、
これまたメソメソ。


休憩が終わる度に一番遅い娘を先頭に隊列を組んでくれるのですが、
どうしても周囲のペースに合わせられずに最後尾へ・・・。
それでも大分遅れていきます。

一番最後尾の添乗員さんに、
「泣きながら必死に登っています」
なんて先頭の山岳ガイドさんと連絡を取られていました・苦笑。


そんなこんなで最後はタイムリミットとの勝負になってしまいました><
指定の時刻までに登れなければ、
下山が間に合わないので登頂を諦めるしかないと言われている時刻。

最悪母だけでも登頂して貰おうと、
「先に行ってて」
と言ったのですが、
やはりどうにも心残りのようで・・・。
引きずるようにして歩く娘を見ながら、
「じゃぁせめて荷物を持っていくよ」
と言い出しました・・・・。



えぇ?!

なんと!
娘の背負っているリュックを母が背負っていくと言うのです。
単純計算で九合目から2倍の荷物を持つと言っているのですよ、

62歳が!!!


母が途中で倒れてしまったらどうしよう、
とチラッと思ったのですが、
それでもこの荷物を娘が持って時間内に登頂するのは不可能に近い。
かと言って、私自身も割りと限界ぎりぎり。
そんな中、

娘を叱咤激励しながら登り続けながら荷物を持ってやることは無理><

結局、母に託すことにしました。


そこでハタと気付いたのですが、
どの子も子供の分の荷物をパパが荷物を持ってあげていて、
(子供はナップザック程度の軽いものか手ぶらでした)
フル装備を自分で背負っているのは娘だけだったんですよね。
お弁当やお水など多少は私が持ってあげていましたが、
それにしても九合目までほぼ大人と変わらないリュックを背負ってよく頑張って登ってくれたと思います。

気付けば小さい子も、中学生位の男の子達も居なくなっており、
(体力の限界や具合が悪くなり、八合目付近で下山していました)
子供は娘と昨夜お友達になった1つ年下の女の子だけになっていました。



心挫けてメソメソの娘を引っ張って九合目、十合目を登り続けます。
「ここからが一歩、出づらくなりますから頑張りましょうね」
と言われた九合目、十合目。

本当に一歩が出ない・苦笑。
坂が急すぎます。
いや、むしろ坂じゃなくて崖?

メソメソしてる娘より、
この崖をリュック二つ背負って登ってる母が心配になりました><


が!
ふと顔を上げると、頂上から母が手を振っていました・笑。

富士山とは不思議なもので、
八合目まで登らないと頂上は全然見えないのですが、
八合目から見える頂上は目視するとすぐ近くなのに、
そこまで行き着くのに平気で1時間も2時間もかかります。
遠いんですよ。。。。

なので見上げれば頂上はすぐそば。
それなのに行き着かない><
そんな頂上で母が手を振っていました。

いや、ホント凄かったわ。
62歳ってあんなに元気なもんかね? 笑。

f:id:Roro1:20170719162409j:plain

 


そんなこんなでどうにかこうにかタイムリミット15分前に娘も登頂!
頂上に居られた時間はごく僅かですが、
凄く凄く頑張りました!!
登ったという事は大きな意味を持つと思います^^
よく頑張ったね☆

f:id:Roro1:20170719162441j:plain

 

頂上で水とスプライトのペットボトル購入。
水は重いので最小限にしていたので頂上で空っぽになりました。
最初から下山の際の水は購入する予定でした。
「高いけど、登りきれないよりは登頂して高い水買った方がいいよね」
と母と言っていました・笑。

娘は水がいいといい、
私は調子に乗ってスプライトにしましたが、
弱冠後悔しました。
素直に水を飲むべきです。
あぁいう時は・・・orz


しかしびっくりしませんか?
実は頂上には売店があるのです・笑。
気のいいお兄ちゃんが売っていました。
思わず、
「毎日登ってきてるんですか? 」
と売店の人に聞いてしまいました・笑。
「いえ、泊り込みです・笑」
とのこと。

デスヨネ。
ってか、頂上に泊り込みでアルバイトってのもまた凄いな・笑。
世の中には色んな職業がありますね。

しかも頂上まではキャタピラ車で来るんだとか。
まったく登ってない!!! 笑。

f:id:Roro1:20170719162529j:plain

 

あ、そうそう。
七合目、八合目では山小屋をいくつも通過しましたが、
あの異様な空気は忘れられません。

うまく説明出来ませんが、
いくら高山病にならなかったとは言え、
耳はキーンとしてましたし、
頭もうっすら痛くなることしばしば。
青白い顔の子供達が沢山いました。

そういうのを考えながら一晩過ごすよりは、
やはり六合目で楽しくバーベキューとか星空観察をする思い出が作れて良かったような気がします^^



お鉢めぐりは疲れ果てて母だけ見学に行きました。
娘が即答で
「無理! 」
と言ったので、傍についててやりました。

そうよね。
皆は頂上に着いてから30分位休憩してたけど、
娘は登頂した直後だったものね。
(私もだけど・・・)

f:id:Roro1:20170719162624j:plain
↑お鉢めぐりらしき場所・笑。


その後、
ツアーの方みんなで登頂の集合写真を撮り、
さぁ、
こっからが下山です!
ここからも一仕事なんですけどね><


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

 

 

親子三代富士登山・② ~出発~

さぁ。
富士登山に向けて出発!

都心からバスで富士山まで連れて行ってくれるこのツアー。
帰りはご親切に温泉付き。
(なのでお風呂セット及び着替えも持ち物に追加)
至れりつくせりってのはこのことか。

朝が早かったので眠かったけれど、
バスは大きくて割と快適で到着までぐっすり眠ることが出来ました・笑。

 


はい、ここからはちょっとクレーム。

バスの中で参加者が質問をして判明したのですが、
富士登山の際、

お風呂セットはバスの中に置いていっていいとのことでした。
え、そうなの?!

荷物はなるべく最小限!
と思ってシャンプーなんかも母と分け合って持っていたり色々切り詰めたけど、
バスに置いていっていいならもっと持ってきたのに><
事前に教えて欲しかったです・苦笑。


そして初心者にとってみたら「富士登山」って結構心のハードルが高い!

故に単独で登らず、ツアーを申し込んだんです。

でも持ち物なんかも事前に特別な案内はなく、

出発当日まで郵送書類はおろかメールでも案内もリストも何も送られて来ませんでした。
各自好きなように用意するって感じでした。


うちは慎重になって色々調べて用意をしたので良かったけど、

軽く「富士山登ってみない? 」って軽いノリで軽装で来られたら随分大変じゃないかと思います。
タイムスケジュールも、HPで見れるツアーガイド以外には皆無。
割とドライです・笑。

(クレームはここまで)



この日は富士山五合目からバスを降り、
六合目まで登山。

f:id:Roro1:20170714153242j:plain

f:id:Roro1:20170714153259j:plain

 
と言っても六合目までは1時間もあれば到着してしまうし、
登り坂はほとんどなかった為、
ハイキング感覚であっけなく終了!



あ、この登山中、

母子で参戦していた5歳の男の子と仲良くなりました^^

f:id:Roro1:20170714153422j:plain

六合目、到着の証。

 

f:id:Roro1:20170714153436j:plain

雲が多かったですが気持ちの良い空でした。
 



宿泊は星観荘。

http://www.seikanso.jp/

f:id:Roro1:20170714153720p:plain

(画像、公式HPよりお借りしました)


ロッジ風の本当に素敵な施設でした☆
各ロフトの名前が星座になっています。

f:id:Roro1:20170714154401j:plain

 

ロフトの上段と下段という造りで、
ひたすらに人が押し込められます。

が、まだ六合目なので人も少なく、
寝転がっても寝返りを打つ余裕アリ。
八合目に行くと仰向けに寝てるだけで肩が隣の方と触れ合うらしいし、
山岳ガイドさん曰く「最高にキレーな山小屋」と言うだけあり、
気持ち良く過ごすことが出来ました。

割り当てられたロフトが「射手座」と言う事で、
いて座の娘は大興奮でした・笑。
「射手座」のロフトは5人だと言われたので、
私達3人とさっき仲良くなった親子で使わせて貰う事にしました。

 


夜はバーベキュー!
山小屋の人が全部焼いてくれるので、食べるのみ!
非常に美味しかったです♪

夜は天体観測でしたが、生憎の曇り空・涙。

f:id:Roro1:20170714154320j:plain

見える「ハズ」の天体の説明や、機材の説明をしてくれました・笑。
私にはサッパリ・・・な内容でしたが、
娘は非常に興味深く聞いていました★

ここで家族4人で来ていた女の子が星座早見表を持っていた事がきっかけで娘と意気投合。
学年1つ下の4年生の女の子とすっかり仲良しに^^
最後の最後まで二人で早見表を片手にあーでもないこーでもないと会話しておりました。

ツアーって、こういう繋がり、親近感があるのがいいですね♪


この日は早めの就寝。
20時頃でしょうか。
起床予定時刻は1時半になります。

山岳ガイドさんからのアドバイス
「山小屋では寝ようと思わないで下さい。身体を休めるだけでいいですからね。こんなに早くに熟睡出来る人はまずいませんから」
と・笑。
少し心が軽くなりました。



ちなみに富士山のトイレは「有料」って知っていましたか?
1回200円~300円の使用料を払います。
星観荘の宿泊者は初回のみ200円を払い、
その後は自由に無料で使って良いと言って下さいました。
歯磨きもしてOK。

高山はお水は貴重ですからね。
すっかり諦めて歯ブラシ持参してなかったのですが、
母が
「そうだと思った」
と3本用意してくれていました・笑。
さすがだわ!


そんなわけで次の日につづきます♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村